ガススプリング

ガススプリングは、荷重を生じるためにピストンロッドに圧縮され、シリンダーに内封されている圧縮ガスを使用します。

通常の機械式スプリングと比較したときのガススプリングのメリット:

  • 小スペースで高荷重を生じる能力
  • ストローク直後に荷重が発生します
  • ストローク時の荷重上昇率が低い
  • スプリング内のガス量の増減により、荷重を簡単に調整可能。

KALLERガススプリングは、主にプレス成形の用途でお客様の信頼性、安全性、寿命への期待を満たすために設計されています。 しかし、高荷重またはエネルギー保管効率が必要な、多数の他の用途にも対応可能です。 KALLERガススプリングの設計、製造、及び検査は、ヨーロッパ圧力機器指令(2014/68/EU)により承認されております。

ガススプリング

シリーズ

初期荷重(N)

シリンダー径(mm)

ストローク長(mm)

全長(mm)