KALLERの安全機構で損害や怪我のリスクを削減

安全性-故障、損害、エラー、事故、危害、その他の出来事からの保護。

 

 

 

 

       

KALLERの安全機構で損害や怪我のリスクを削減

最低200万ストロークの基準を満たし、欧州圧力機器指令(PED)の認証を取得

KALLERガススプリングは、PED 2014/68/EU に基づいて最大充填圧力、最高稼動温度、承認済の全ての取付方法において最低200万回*のフルストロークテストに耐える設計、製造およびテストが行われています。
*推定疲労値

顧客の価値
製品寿命内の高い安全性と信頼性。

リペアーキットとKALLERおよびパートナーのトレーニングにより効率性と信頼性が改善されます。

オーバーストローク時保護機構

従来のガススプリングではオーバーストローク中、破裂してコンポーネントが緩み、放出されることがあります。

KALLERガススプリングなら安心です
オーバーストロークの際、特許取得の安全性設計によりガスを制御された方法で排気します。 シリンダーチューブを前定義された方法で変形する (A)、またはピストンロッドがガススプリングの下死点にある安全プラグを破壊します (B)。

付加価値
より安全な労働環境と金型損害リスクの削減。

潜在的な原因
ストロークを制限する機械的なストップの欠如、または不適切な取付。

オーバーロード時保護機構

何らかの理由で金型のコンポーネントが引っ掛かるとピストンロッドは圧縮位置から解放され、ガススプリングに保持されないため、従来のガススプリングの場合、危険にさらされることがあります。

KALLER ガススプリングなら安心です
最適化されたガイドとピストンロッド上にある特許取得のセーフティストップがユーザーの安全性を守ります。 戻りストローク中の速度が速すぎるとピストンロッドが自動的に分離され、統合されたセーフティストップがシールを破るため、ガススプリングは制御された方法で減圧されます。

付加価値
より安全な労働環境と金型損害リスクの削減。

潜在的な原因
ブランクホルダー、カム、イジェクター、剥離機能などのコンポーネントの詰まり。引っ掛かった後、突然緩むなど。

オーバープレッシャー時保護機構

従来のガススプリングでは、内部のガス圧力が最大許容値を超えると、破裂して金型とオペレーターに危険をもたらすことがあります。

KALLER ガススプリングなら安心です:
内部のガス圧力が最大許容値を超えると、セーフティリップが作動します。 制御された方法でガスが放出され、ガススプリングが減圧されます。

付加価値:
より安全な労働環境と金型破損リスクの削減。

考えられる 原因
充填圧力が高すぎる、又は作動油などの外部液体の吸い込み。

トレーニング

上記の安全機構は、ガススプリングモデル毎に機能や故障の原因が異なることがあります。 常にガススプリング及びフランジの取付・組付をしっかり行い、KALLERの情報に従ってご使用ください。 情報またはトレーニングに関する詳しい情報については、KALLERおよび代理店にお問い合わせください。

ガススプリングおよびその他の加圧製品を安全に取り扱うためには、作業を行なう前に必ず製品の窒素ガスを抜いてください。 安全機構が作動している場合、ガススプリングを修理したり、それ以上使用しないでください。 新しいガススプリングと交換する必要があります。