シリーズ KF2-A Adjustable Controllable Gas Spring

KALLER KF2-A コントローラブルガススプリングは、ストローク長が調整可能な、下死点でロック出来るタイプのガススプリングです。 スプリングの戻りのタイミングも制御可能です。

KF2-A コントローラブルガススプリングシリーズは、ピストンロッドを下死点(BDC)でロックすることが可能な、ガススプリングファミリーの一員で、プレス金型の中に組み込んで使用します。 KF2スプリングは成形部品の変形を防ぐために、ブランクホルダを下死点でロックする必要のある箇所にご使用いただけます。 ご使用箇所によっては、必要とする明確なストローク長が事前に分からないことがあります。 このため、15 mmの範囲内でストローク長が調整可能なタイプである、KF2-A コントローラブルガススプリングをご提案いたします。
ピストンロッドの戻りストロークは、スプリング底部にあるバルブにより制御されております。
最適なパフォーマンスのためには、ストロークをフルストローク± 0.5 mmの公差でご調整・ご使用いただくことをお薦めいたします。
ストローク調整可能なコントローラブルガススプリング・KF2-Aは下記の表に従ってご利用いただけます。

/globalassets/inriver/resources/imageimage/singleimagesingle-image/kaller_kf2_3000_prod.png
タイプ 利用可能なストローク長
(mm)
最大圧力時の初期荷重
(N)
長さ計算式 シリンダー径
(Ø mm)
最小充填圧力
(bar ・20°C時)
推奨最大ストローク/分
(20°C時)
KF2-A 1500 5 - 167 15000 132 +ストローク 95 25 別途詳細情報をご覧ください。
KF2-A 3000 6 - 167 30000 142 +ストローク 120 25 別途詳細情報をご覧ください。
KF2-A 5000 6 - 167 50000 167 +ストローク 150 25 別途詳細情報をご覧ください。
KF2-A 7500 8 - 167 75000 187 +ストローク 195 25 別途詳細情報をご覧ください。
ダウンロード KF2-A  調整可能なコントローラブルガススプリング フォルダ