最適化されたガススプリング用途での大量生産

KALLERガススプリングには様々な形状と寸法があり、KALLERチームは常にお客様の使用方法に最適な製品の選定をお手伝いします。 この事例では、我々は小型のガススプリングの使用により高速大量生産を可能にすることに気付きました。

高速生産における缶と蓋

スウェーデン南部に位置する金属製塗料缶及び蓋の量産メーカーのお客様は、生産に関し、彼らが使用するスプリングの最大限の性能に頼っていました。


生産高、両部品の数量、および1分間当たりの部品製造、缶製造は大変見事なものでした。 これらの製品は自動車や大型家電製品の需要を大幅に上回るため、異なる金型設計やプレス仕様への接近が必要でした。 缶は頻繁に塗料の供給に使用されましたが、産業や消費者用のその他の液体にも使われました。

 

塗料缶.png

 

一般的にこのような製品を製造する会社は、毎週数百万個の部品を生産します。 通常、製造プロセスは高度に自動化され、大量生産用に最適化されています。 金型の速度と精度が重要な場合、従来の金型とは異なる設計、プレス仕様、およびガススプリングの使用が必要になります。 通常、KALLERはこの時点でお問合せを受け、費用対効果の高い生産のお手伝いをしています。 私たちはお客様を応援します。 

 

ソリューションの発見に焦点を当てる

KALLERは長年の間、お客様から優れた結果を出すガススプリング供給の第一人者とみなされてきました。 毎週100万個の蓋の生産、KALLERチームはこのチャレンジに対し、高品質を維持しながら最大耐用年数を確保する方法を探さなければなりませんでした。

 

ガススプリングの最大耐用期間

稼働時間を維持するために、幾つかの重要な要因がありました。 横方向への偏心荷重のない金型動作を確実にするために、プレス金型のガイドを極端に注意深く行う必要がありました。 これはガススプリングの最大耐用期間を達成するために大切な点です。
お客様の製品と用途に最適なソリューションを発見するには、お近くのKALLER 営業担当者にお問合せください。


金型オープン時-テキスト.png金型クローズ時-テキスト.png

 

この塗料缶アプリケーションにおいてブランクホルダーに下向きの荷重を適用するために、20mmのストロークを持つ4本の小型R19ガススプリングが取り付けられました。 また内側の潤滑を最適にするために、ガススプリングは逆取付で取り付けました。 これらのガススプリングは、使用される残りのストロークのうち4mmの初期たわみを与え、45barという低いガス圧で充填されました。 耐用期間中、過剰な摩耗、あるいは他の重大な問題の発生前にプレス機を停止することができるよう。スプリングの温度は継続的に監視されます。
その結果、1日当たり24万個の部品が生産され、金型の保守間隔は70万から100万ストロークに維持されました。 大量生産にも関わらず、この事例ではガス充填はほとんど必要ありませんでした。

KALLERチームが推奨するプレスのガイド、温度制御、ガススプリングの位置、充填圧などを提案し、各ガススプリングは交換するまで約4,000万サイクル以上の耐用期間を達成しました。
これにより、ガススプリングの保守頻度は大変少なくなり、生産において高い信頼性を実現しました。

シンプルな設計への考慮、使用方法の最適化、ガススプリングの使用により、耐用期間は通常の予想をはるかに上回ります。 これが常に可能というわけではありませんが、ガススプリングの使用や金型の最適化に未知の領域を開くといっても過言ではないでしょう。

 

生産への期待に応える

お客様とともに、私たちは4,000万サイクル以上という驚くべきガススプリングの耐用期間を達成しました。 通常のガススプリングが200万サイクル用に設計されることを考えれば、これは非常に大きな改善と言えることでしょう。 最寄りのKALLER代理店を発見するには、
kaller.com/en-us/contact をご覧ください。 私たちはお客様とともに次のプロジェクトを最適化します。

KALLER R19について

過去40年以上、開発と改良を続けた当社の革新的な製品、KALLERガススプリングは、最低200万ストロークの基準を満たして、欧州圧力機器指令(PED)の認証を取得しました。
今回の事例に使用されたR19と名付けられた小型のガススプリングは、80年代以来証明され続け、新しい用途への使用で再び注目されるようになりました。 実際に当社のガススプリングは、通常のコイルスプリングに比べ、4倍の荷重を瞬時に発生させることができ、荷重調節もできるため、コイルスプリングを使用するあらゆる量産部品で大きなメリットが得られます。 私たちはあらゆる事例で金型の使用方法を最適化することにより、より持続可能で効率的な生産の実現をお手伝いいたします。

適切に取付られたKALLER R19は、200万サイクル以上、点検保守なしで稼動した実績を持っております。

KALLER R19に関する詳しい情報については、代理店にお問い合わせください。

登録250.png

 

弊社のニュースレター購読にご登録ください。

購読者は世界最高の荷重専門サプライヤーの最新ニュースレターを受け取ります。
購読はいつでもニュースレターの最下部で解除できます。