プレス金型内部のガススプリングのスピードコントロール

金型内部にスピードコントロールガススプリング、SPCを使用することでブランクホルダーが上昇する際、戻り方向におけるピストンロッドの速度を停止直前で減速し、不要なバウンドを制止します。

自動車メーカーにとって、生産設備のスピード、安全性、信頼性はしばしば決定的な要因になることがあります。 安全性に妥協せず、不要な摩耗や損傷から製造設備を保護しながら自動車部品を迅速な方法で生産できることは、効率上不可欠になってきます。 製造設備の損傷のために生産を停止すると、その補修に費用が掛かります。

プレス金型の持続力は、重要なコスト要因になります。 頻繁なメンテナンス、スペアパーツ、補修または金型全体の交換等によるインターバルは、生産コストを上げ、生産スピードと効率を下げます。

より迅速で安全な車体生産

金型内部の成形部品でシートメタルのプレス成型やせん断加工を行う際、プレス金型のバウンドなどの安全基準を確認し、同時に分単位で数種類の動作を実行し、生産性を望ましいレベルで維持する必要があります。
プレス金型のバウンドは、一般的に新世代プレス機械のより高速化された戻り速度が原因で発生します。 ストローク速度が原因となって起こるブランクホルダー等のバウンドは、プレス金型に不要な損傷を与えます。
この問題は金型内部にスピードコントロールガススプリングを追加または設置することで解決できます。 ブランクホルダーが上昇する際、スピードコントロールガススプリングで戻りストローク速度を制御することにより、ピストンロッドの上昇終了時の速度が緩やかになります。 これにより、プレス金型の不要なバウンドが除去されることによる1分間当たりのストローク数の増加をもたらし、生産性の向上が得られるという、最適なバランスを供給することができます。

プレス金型にスピードコントロールガススプリングを使用

KALLER SPCスピードコントロールガススプリングは、ブランクホルダーの戻り速度が上死点に到達する直前に低下します。 この動作は、戻り方向におけるKALLER SPCのピストンロッド速度を最後の30mmで0.4m / sに減衰させ、ブランクホルダーにスムーズな停止をもたらすことで達成できます。

KALLER SPCガススプリングは、ピストンロッドの速度を停止直前で減速するよう設計されており、ブランクホルダーのバウンドを90%削減、あるいは完全に除去します。

プレス金型にKALLER SPC ガススプリングを追加することで、車体生産ラインに幾つかのメリットをもたらします:

  • ブランクホルダーのバウンドを最小化または除去
  • プレス金型の損傷を最小限に抑制可能
  • 部品搬送の効率の向上による生産性の向上が可能
  • ほとんどの使用で1分間当たりのストローク数を増加可能
  • 既存の金型に簡単に後付け可能
  • ホースシステムとして配管接続可能
  • ストローク長 80 ~ 300 mm

KALLER SPC ガススプリングについてSPC 800 fril.png

KALLER SPCガススプリングは、生産性の向上、及び損傷の削減が可能な部品として、多数の自動車メーカーのプレス金型内に採用されています。

お客様の実績では、KALLER SPCガススプリングを使用することにより、1分間当たりのストロークを18回から27回に増加させることが可能となり、製品のバウンドやプレス金型への損傷を低減することが可能となりました。

KALLER 部品の解決策:

KALLER SPC 1500-160 ガススプリング

  1. 代替案1-全てのスプリングをSPCに交換する

  2. 代替案2-コーナーコンセプト (映画を見る)

特許番号 SE 517269、EP 102 96 883、 US 7,121,538

KALLER SPC ガススプリングに関する詳しい情報は、最寄りの販売代理店>>にお問い合わせください。

SignUp250.png

 

弊社のニュースレター購読にご登録ください。

購読者は世界最高の荷重専門サプライヤーの最新ニュースレターを受け取ります。
購読はいつでもニュースレターの最下部で解除できます。