白物家電製品の製造におけるコント ローラブルガススプリング

白物家電製品の部品の生産には、詳細なプレス加工が要求され、 複雑なプレス加工に対応することが 必要です。当社はこの有名な 中国の家電製品メーカーのために、 電子レンジのドアに取り付ける金属メッシュの製造を サポートしました。金属メッシュは、電磁漏洩を予防する ために重要な部品です。すべてのドア部品の中でも、この金属メッシュは、 電子レンジユーザーの安全性にとって特に重要です。

金属メッシュプレートの製造工程

電子レンジの金属メッシュを製造する際、メッシュ状の平坦な金属プレートから始まります。各工程を経ることで、メッシュ状の平坦な金属プレートが電子レンジのドアに配置される形状に変わります。メッシュ状の金属プレートをプレス加工する際には、プレートへの損傷を回避するために、初期の戻りストロークを行う際、リターンユニットを遅らせる必要があります。

時系列でのプレス工程:

1 ドロー工程 

2 サイドドロー工程

3 カット及びピアス工程①

4 カット及びピアス工程②

5 フランジ工程

6 トリム工程

金型製造プロジェクト

プロジェクト自体は、お客様の現場での製品の紹介から金型の完成まで5 か月ほどかかりましたが、現在では 170 万個以上の生産実績を上げています。


すべては、お客様が KALLER チームに連絡し、利用可能な製品と解決すべき問題について相談したことから始まりました。使用する金型に目標が設定されると、設計プロセスが開始されます。金型を設計する際には、お客様の時間と費用の両方を節約するため、金型を出来る限り最適化して製作することが重要です。


金型の設計後、試用期間が始まります。この時点で、製品と金型が確実にお客様の期待に応えているか、確認することが重要です。


試用期間が終了し、お客様が結果にご満足いただいた時点で、金型は生産に入ります。

 

KALLER Illustration process - JA.png

 

プレートから製品へのプレス工程

金属メッシュプレートを最終製品に製造するには、通常のプレス工程は 2 つのステップに分離されます。正確で詳細な仕上げに対する需要と、最終製品の機能性がお客様にとって最重要である理由により、プレス工程は十分な成果を上げなければなりません。


KALLER KF2 製品を選択することで、並外れたプレス品質を実現することができます。KF2 の採用により、期待通りの最終結果が得られ、最終製品により高い品質をもたらします。下の画像では、プレス加工された金属プレートの端部に注目してください。

 

ステップ 1 結果:

KF システム装備 - KALLER ケーススタディ .png

KF2 システム装備

KF システム未装備 - KALLER ケーススタディ .png

KF2 システム未装備

ステップ 2 結果:

KF装備で工程2 を比較.png

KF2 製品装備

KF未装備で工程2 を比較.png

KF2 製品未装備

工程につながるステップ

プレス工程のステップは、可能な限り時間効率とコスト効率が向上するように最適化されています。金属メッシュプレートがプレートの移動なく、1工程でプレスされるため、金型や製品を取り扱う際のリスクが軽減されます。この工程は、下の動画で別個の撮影としてご覧いただけます。

工程ステップ 1

工程ステップ2

工程ステップ1及びステップ2

KF2 ガススプリングが成功を収める

この金型プロジェクトで KF2 ガススプリングを選択したことにより、期待通りの結果が得られました。より正確なプレス工程の実施能力を持つことにより、正確な仕上がり結果が得られます。KALLER KF2 ガススプリングは、このお客様にとって必要な製品であり、この金型はこれまでに 170 万個以上を生産し、大きな成果を上げてきました。


コントローラブルガススプリングを選択することにより、プレス金型は1 回のみの動作ではなく、幾つかのステップを持つオプションが与えられ、それによりはるかに高精度なプレス工程を実現することができます。コントローラブルガススプリングは、適切な戻りストロークになるまで下死点でロックさせることによって、タイミングの制御を行うことが可能です。

登録250.png

 

弊社のニュースレター購読にご登録ください。

購読者は世界最高の荷重専門サプライヤーの最新ニュースレターを受け取ります。
購読はいつでもニュースレターの最下部で解除できます。