コントローラブルガススプリング

2021-09-15

コントローラブルガススプリングは、金型費用の削減、生産率の向上、部品品質の改善を実現します。

コントローラブルガススプリング (KF2) は、成形制御の向上、及び部品製造に必要な金型数の削減、それによる部品製造時間の短縮と金型コストの節約が可能な、比較的安価な方法です。

imagea22r.png

戻り行程でガススプリングの荷重を制御する能力には多くの利点があります。以下にいくつかの例を示します。

例 #1: デュアルステップ成形

Dual depth.gif

絞り成形作業

  • 2 つの成形作業を 1 つの金型に統合することで、金型費用を節約し、生産率を高めます。
  • 品質を改善できる成形制御の強化
  • プレスラムが戻るときに部品が自動的に回転することを防ぐ
  • プレス内ではなく、金型内の機能
  • ダブルアクションプレスの代わりにシングルアクションプレスを実行

 

例 2: 部品品質の改善

imageggjeg.png

ベビーブランクホルダー

  • ブランクホルダーの荷重がパネル面積に対して高すぎると、材料が金型内に適切に流れ込むことを防ぎ、パネルが薄くなり、割れに導きます。
  • 所定の面積に対してブランクホルダーの荷重が低すぎると、材料が金型に過剰に流れ込み、パネルがしわになったり、座屈する原因となります。
  • ベビーブランクホルダーは、 KF2 ガススプリング により制御され、その荷重はコントロールブロックを通して遠隔から調整できます。 KF2 は成形ストロークにおいてパッド荷重に適切な圧力を供給し、下死点で KF2 がロックするため、金型が開いたときにパネルに荷重がかかり ません。

News-Controllable-gas-springs.png

コントローラブルガススプリング( KF2 ) を使用する理由

コントローラブルガススプリング ( KF2 ) を使用する 2 つの例に示されるように、 生産率の向上、金型コストの削減、部品品質の改善によって作業の最適化が可能です。 KALLER の高品質製品は、予想外の故障がなく、生産停止のリスクを最小限に抑えることができます。

  1. ロック可能なピストンロッド
  2. 真の窒素ガススプリング
  3. 空気圧による操作
  4. コンパクトな内蔵型デザイン
  5. PED 承認済み

 

詳しい情報にご興味がおありですか? ご質問がありましたら、お気軽に お問い合わせください。当社の KF カリキュレーターツール コントローラブルガススプリングのサイズ、数量、稼働条件に基づいたシステム性能と代替冷却手段をご案内します。

登録250.png

 

弊社のニュースレター購読にご登録ください。

購読者は世界最高の荷重専門サプライヤーの最新ニュースレターを受け取ります。
購読はいつでもニュースレターの最下部で解除できます。