LCF シリーズ

LCF(ローコンタクトフォース)ガススプリングは、過大な衝撃荷重、高い騒音レベル、極端なパッドのバウンド等、高いメンテナンス費用や騒音に導くあらゆる要因を軽減出来るように設計されています。

LCF(ローコンタクトフォース)シリーズは、窒素ガススプリングの未来の世代を代表します。 革新的なガススプリングシリーズは、今日の金属スタンピング業者が直面する主な問題に対応するよう設計されています:過剰な衝撃荷重、高い騒音レベル、極端なパッド/ブランクホルダの跳ねは高額なプレス保守費用や騒音公害につながります。

LCFシリーズは、標準のガススプリングと比べて衝撃荷重を50%まで削減します。 本シリーズは段階的な荷重の蓄積と滑らかな加速を実現し、ギアやベアリングへの衝撃や駆動部品の摩耗を軽減します。
その結果、プレス機械のメンテナンスを削減できます。

LCFシリーズは、標準のガススプリングと比べて騒音レベルを大幅に低下し、音圧レベルを著しく削減します。 衝撃力が低いため騒音レベルが低くなり、防音エンクロージャーを不要とするコスト効率的なスプリングが得られます。 その結果、静かで安全で健康的な職場環境が得られます。

LCFシリーズはパッド/ブランクホルダの跳ねを低減し、部品の効率的な搬送を改善し、生産率を高め、スクラップを削減します。 段階的な荷重の増加とリターンにより、パッド/ブランクホルダの稼働が滑らかになります。 その結果、生産率が高まります。

LCFガススプリングマウントは金型に直接取り付けられ、プレスとは独立して稼働するため、全ての効果は金型に付帯します。
標準機能:
• 標準ISO ガススプリングと100%交換可能 (例、TUシリーズ)
• 既存の金型に組み込み可能
• 標準ガススプリングと同様の充填と改造
• ドロップイン、フランジ取付、ベースプレート取付
•ホースに接続可
• プレスクッションに統合可能

/globalassets/inriver/resources/imageimage/singleimagesingle-image/kaller_lcf_3000_prod.png

LCF タイプ

初期荷重(N)

シリンダー径(mm)

ストローク長(mm)

全長(mm)

タイプ 利用可能なストローク長
(mm)
最大圧力時の初期荷重
(N)
長さ計算式 シリンダー径
(Ø mm)
最小充填圧力
(bar ・20°C時)
推奨最大ストローク/分
(20°C時)
LCF 750 12.7 - 300 7400 95 +(2 x ストローク) 50 70 ~15-40
LCF 1500 25 - 300 15000 110 +(2 x ストローク) 75 105 ~15-40
LCF 3000 25 - 300 30000 120 +(2 x ストローク) 95 70 ~15-40
LCF 5000 25 - 300 50000 140 +(2 x ストローク) 120 75 ~15-40
LCF 7500 25 - 300 75000 155 +(2 x ストローク) 150 25 ~15-40