革新的なガイド技術がプレス金型の生産性を確保する

メタルスタンピング業界の進化に伴い、この進化に歩調を合わせた金型が必要となってくることになります。 最近においては、新しいシートメタル材や時間効率での管理上の要求が増加しているため、既に挑戦の多かったプレス加工が、以前にも増してますます難しくなってきています。 シートメタルをプレス加工する際、プレス金型内で横方向への動きが発生します。 このことにより、ガススプリングの破損防止対策として、ガイド部品も金型内に必要になってきます。 これらの新しい製造要求のために、ガススプリングのガイド技術にも改良する必要性が生じてきました。

軽量な材料 – 持続可能な将来に向けた全ての段階

全ては軽量な自動車の需要が増加した2001年に始まりました。 市場は持続可能な自動車製造のステップとして、小型エンジン、燃費の低減、材料の軽量化などを求めていました。
そのため、自動車部品に新しい材料を使用する動きが業界に現れ、これがより強力なプレス金型を必要とする要因となりました。 消費スピードも加速され、予算が変わらないまま稼働率や1時間当たりの部品製造数への期待も急速に高まりました。 このため、プレス金型に予測不能な問題が多数発生してきました。 これは望ましいスピードと範囲で生産できないという問題に発展しました。

 

横方向の動き―懸案事項

シートメタルをプレス加工する際、全てのシートが同じように見えることが重要です。 完璧な最終製品を得るには、品質が最も重要です。
すべてのプレス金型は上型と下型で構成され、これがプレスに設置され、シートメタルのスタンピングを行うために上下に稼動します。

 

Press56.png

 

プレス作業中、横方向の動きが金型内に発生し、そしてそれは生産スピードと適用荷重によって増加します。 この動きは、ガススプリングのピストンロッドに大きな負担となるため、これを最低限に抑えるためのガイド部品を金型内に設置する必要性が常に生じます。 残りの横方向の動きはガススプリング内で摩擦を起こします。その結果温度が過上昇となり、ガスシーリング要素に損傷を与えます。
稼働率が高くなり、強力な材料を加工するためのより大きな荷重が必要となることにより、スプリングの既存のガイド要素ではシール効果を失ってしまっていました。 キズまたは高温により、ガススプリングが急速に摩耗し、稼働率が低下します。

 

Lat-Movement-redspring.png

従来のガイド

 

 

 

 

 

KALLER – 新しいガススプリングガイド技術

これを解決するために、KALLERはフレックスガイドソリューションの開発に着手しました。 フレックスガイドは、ガススプリングの損傷を抑え、寿命を延長する目的で数年前に開発された独自のガイド技術です。 フレックスガイドを最も良く表現するものに、プレス金型がプレス内で上下に稼動する際にガススプリングに与える追加の保護レイヤーという言葉があります。 これは、発生する強力な横方向の動きに対抗する代わりに、ピストンロッドを安全な場所に保持しながら、動きに合わせて調整・吸収を行うという技術です。


Lat-Movement-2springs.pngFlexGuideSystem.jpg

 

 

 

フレックスガイドは摩擦を最小限に抑えることにより、ガススプリングを摩耗から保護します。

 

Flexguide Diagram12.png

 

 

 

ピストンロッドが円滑に動作することにより、ソリューションは毎分ストローク数の増加を可能にし、そしてそれはプレス機がガススプリングを危険にさらすことなく、より高いSPM(毎分ストローク数)で稼働可能となることを意味します。

 

Lat-Movement-greenspring.png

フレックスガイド技術

 

 

 

 

ガススプリングの寿命の延長―優れた結果

2002年以降、フレックスガイドソリューションは自動車産業のみならず他産業でもガススプリングを保護し続けています。 このソリューションが市場に登場した時、この種の製品では初めての技術でしたが、ガススプリングの耐久性を向上し、様々な製造で生産品質を改善することが証明されています。 フレックスガイドをガススプリングに用いることは、ガススプリングの修理頻度の低減、長期生産の安全性の向上、停止時間の削減、及び稼働率の改善を達成できることを意味します。 さらに
ガススプリングの寿命の延長と修理頻度の低減により、環境フットプリントを削減できます。 結論として、フレックスガイドは生産を合理化できる効率的なソリューションといえます。

 

横方向の動き

Lateral movement.png

左は一般的なガイドを搭載したガススプリング、右はフレックスガイドテクノロジーを搭載したKALLERガススプリングです。

 

ピストンロッドをプレス機の横方向の動きに追従させることで、フレックスガイド システム はチューブ、フランジ、ボルトへの負荷を軽減します。

KALLER フレックスガイドについて

FlexGuide.png

KALLER フレックスガイドシステムは、2002年から実施されています。 このソリューションが市場に登場した時、この種の製品では初めての技術でしたが、ガススプリングの耐久性を向上し、自動車部品工業のみならず、他の様々な用途で生産品質を改善することが証明されています。

フレックスガイドをガススプリングに用いることは、ガススプリング修理頻度の低減、長期生産の安全性の向上、停止時間の削減、稼働率の改善等が達成可能になることを意味します。 さらにガススプリングの寿命の延長と修理の必要性頻度の低減により、環境フットプリントを削減できます。 結論として、フレックスガイドは生産を合理化できる効率的なソリューションといえます。

フレックスガイド システムは、KALLERの安全性と信頼性プログラムの一部であり、弊社の大多数の製品に搭載されています。 主にシートメタルのプレス業務に使用されるガススプリングの寿命を延長することが証明されていますが、横方向の動きはほとんどすべての金型に発生するため、その他多くの事業にも効果を発揮することは間違いありません。

弊社の既存のお客様が、当製品を市場でのより安全な選択として扱っていただけたことを誇りに思っています。 柔軟性のないガイドソリューションと比較すると、フレックスガイドはより安全な取り付けと作業環境を確保する安心感をもたらします。

 

私たちは、生産の最適化とコスト削減を目的とするクリエィティブなソリューションでお客様の技術問題を解決する製品をお届けします。 お客様のチャンレジは何でしょうか? ぜひお問合せください。私たちがお客様の問題を解決します!

KALLER フレックスガイドに関する詳しい情報についてはは、代理店にお問い合わせください。

 

 

SignUp250.png

 

弊社のニュースレター購読にご登録ください。

購読者は世界最高の荷重専門サプライヤーの最新ニュースレターを受け取ります。
購読はいつでもニュースレターの最下部で解除できます。